ミュンヘン日本語キリスト教会

ホームページへようこそ!

 

 

この教会は、ミュンヘンで20年以上続けられてきたミュンヘン聖書の会を土台とし、2011年に設立されました。現在は現地のChristliche Gemeindeのご厚意により会堂をお借りし、聖書に基づき日本語でプロテスタント(超教派)の礼拝を行っています。教会活動の中心は日曜礼拝ですが、その他にも平日に家庭集会なども開かれています。すべての集会は日本人に限らず、また子供から大人までどなたでも参加できます。

みなさまとお会い出来るのを楽しみにしております。

 

 


牧師より
 
 
 
ミュンヘン日本語キリスト教会のホームページをお開きくださって心より感謝申し上げます。
教会はクリスチャンであるなしにかかわらず、どなたでも歓迎致します。特に理由等なくても是非一度ミュンヘンで唯一の日本語礼拝においでください。そこでは聖書に聞き、私達を十字架で死ぬほどに愛してやまない神様を礼拝しています。きっと素晴らしい出会いがあることでしょう。
牧師 安藤廣之

 



クリスマスの喜び

 

 

私達はみな、羊のようにさまよい、おのおの自分かってな道に向かって行った。

しかし、主は、私たちのすべての咎を彼に負わせた。

 

イザヤ書53:6

 

 

12月のドイツはクリスマス一色と言えます。ミュンヘンでも何か所もあるクリスマスマルクトが人々で賑わいます。

しかしこのクリスマス、イエス・キリストの人としての誕生は惨めなものでした。

時のローマ帝国皇帝の人口調査に翻弄され、家畜のいる場所での出産を余儀なくされました。

人としての33年と言われる生涯でも、誤解され、悪意を持たれ、犯罪者として十字架に架けられてしまったのです。

 

 しかし聖書はこの方の苦しみと死こそ、本来罪に穢れた私達が当然の報いとして受けるべきものであり、

神はこの方にその身代わりをさせたとしています。

私達は実際周りの人達の犠牲や忍耐によって生きていると言える面があります。

あるいは自分も愛する人の為に犠牲になる機会もあるものです。

神に生かされ、人を生かす犠牲を喜ぶ事こそクリスマスの喜びに他なりません。

牧師 安藤廣之

 


 

クリスマス会のお知らせ

 

 

2017年12月17日(日)

14:00から

Christliche Gemeinde 2階 (Landwehrstr.34)

 

クリスマス礼拝のあと、ゲーム、プレゼント交換などを行います。

可能な方は、1人3ユーロ程度の交換用プレゼントをご持参ください。

もちろん、手ぶらでもご参加いただけます!どうぞお気兼ねなく!

 

 

教会は初めてという方、子供からおとなまでどなたでも歓迎します。

ミュンヘン日本語教会員一同、お茶やお菓子のご用意をしてお待ちしております♪

 

お問い合わせは牧師またはお問い合わせフォームへ♪

 

お知らせ


日本語礼拝 毎週日曜日 14:00 Christliche Gemeinde (SoulBooks旧キリスト教書店)2階 Landwehrstraße34  

 

第一祈祷会 12/11(月) 10:30から 場所はお問い合わせください     テキスト:「教会生活の処方箋」より第2回

第二祈祷会 12/16(土) 10:30から 場所はお問い合わせください

 

家庭集会    12/14(木) 13:30から 場所はお問い合わせください 

 

親子集会   11/27(月) 10:30から 毎月第四月曜日詳しくは⇨リンク 

 

オリーブ会 12/7(木)10:30から 場所はお問い合わせください

 

ミュンヘン聖書の会 毎月第1.3水曜日 

 

●礼拝場所が、同じ建物の二階に変更になっています。(第二日曜日を除く)

●Wir haben deutsche Übersetzung bei dem Gottesdienst!